ポケモンソード、エンディング見ました

ソードプレイ記
06 /13 2020
新記事です。
ポケモンを進めました。
ポケットモンスター ソード431
トーナメントの最終戦、ダンデとの試合に臨みました。
結局2週間くらいたっちゃいましたけどね…!

早速受け付け。
ポケットモンスター ソード432
もう勝つこと前提の返事してますね。

ダンデとの試合は、ゲーム開始前からPTにしたいと思っていたメンツで行きました。
●ゴリランダー♂/ウドラムジカ
●アーマーガア♂/カチュアラス
●パルスワン♂/ブリッツァー
●ブリムオン♀/ジェスチェル
●ポットデス/キュスティー
●モスノウ♀/マフュルーナ
この6体です。
弱点に偏りがある上に、ダンデさんの手持ちはエースバーンとリザードン以外全く分からないので、
これでどうなるかちょっと心配でした。

ということで試合開始。
ポケットモンスター ソード432_1 ポケットモンスター ソード433
トップバッターのギルガルドの時点でこちらの最高レベル超えていた…!
さすがにチャンピオンはレベル高いですね。

ダンデさんのポケモンは、
ギルガルドLv.62
エースバーンLv.64
オノノクスLv.63
ドラパルトLv.62
ガマゲロゲLv.64
リザードンLv.65
でした。

ギルガルドはウドラムジカの気合急所で何とかなり、次のエースバーンがさっそく鬼門。
手持ちのタイプ上、炎がかなりきついことになってるので、どうしたものかという感じでした。
ブリッツァーで削った後、ジェスチェルで何とかというところでした。
ジェスチェルは気合耐えしてくれました。
オノノクスはそのままブリムオンを回復しつつ対処しましたが、
次のドラパルトで壊滅しかけました…。
すごいきずぐすりとげんきのかけらのオンパレードという感じで、
誰かを復活させると誰かがやられてしまうという状態でした。
とにかく最後のリザードンはブリッツァーがいないときついので温存するべくやりくりして、
あとは復活させてると回復間に合わなくなりそうなので、瀕死になるのをあきらめて、
ドラパルトを倒すことを最優先で戦っていました。
手持ちの3体が火炎放射が弱点、2体がシャドーボール弱点なうえ、
チーム最速のブリッツァーよりもドラパルトの方が早いという大変な状況でした。
瀕死が続出する中、カチュアラスが火炎放射を気合避けしてくれたので何とかなりました…。
ドラパルトが一番きつかった…!
ガマゲロゲは物理だったので、そのままカチュアラスで対応。
ゴツメで削りつつ、経験値のために控えを最低限復活させていきました。
そのまま羽休めで回復し、ゴツメで削り切りました。ここでも気合避けしてくれました。
リザードンはブリッツァーでダイマックスして対応。
キョダイゴクエンで赤ゲージまで削られましたが、ダイサンダーで撃破。
なんとかダンデさんを倒しました。
ポケットモンスター ソード434
薬使いまくってるから実質的には負けかなこれは…。
チャンピオンの名前は伊達ではないですね。ダンデさん強いです。
ポケットモンスター ソード435 ポケットモンスター ソード436ポケットモンスター ソード437 ポケットモンスター ソード438
ダンデさんから祝福とエールをいただきました。
そしてスタッフロール。
画像を乗せたかったんですが撮影できないっぽかったので諦めました。残念。
もしかしたらビデオがとれないだけでスクショは取れたのかもしれない。
スタッフロールではゴリランダーとストリンダー2体とタチフサグマのバンド演奏が流れてました。
これは最初に選んだポケモンによって変わるのかな?
スタッフロールの最後、協賛としてゲーム内の企業のロゴまで並んでるのにはちょっと笑った(笑

スタッフロールのあと、まどろみの森の奥の画像が。
ポケットモンスター ソード439
これはここに行けってことでしょうね。

タイトル画面に戻ってきたとき、チャンピオンと戦ったときのメンツが並んでました。
ポケットモンスター ソード440
これはちょっと嬉しいですね。
キュスティーとマフュルーナを活躍させてあげられなかったのが残念…。

再開すると家からのスタート。
ポケットモンスター ソード441 ポケットモンスター ソード442
お祝いにマグノリア博士がマスターボールをくれました。
そしてねがいぼしはムゲンダイナの一部とのこと。

ホップの家のダンデの部屋に行くとモンスターボールが。
ポケットモンスター ソード443 ポケットモンスター ソード444
唐突に置いてあったのでちょっと笑ってしまったのですが、キョダイマックスできるリザードンになる、
特別なヒトカゲが中に入っているようでした。
そういえば攻略サイトをチラ見したときにクリア後にもらえるって書いてあったな…。

で、まどろみの森のムービーが表示されたということで早速行ってみることにしました。
ポケットモンスター ソード445 ポケットモンスター ソード446
まどろみの森にはホップも来ていました。考え事をしていたらしいです。
主人公は何かに呼ばれた気がしてここに来たことになってました。
そしてホップに勝負を挑まれました。
バイウールーLv.59
アーマーガアLv.59
カビゴンLv.58
バチンウニLv.58
ウッウLv.58
インテレオンLv.60
でした。レベルは高いけどダンデさんのように苦戦はしなかったです。
ダンデさんやっぱり強かったんだなと実感…!
ここでソニア登場。
ポケットモンスター ソード448 ポケットモンスター ソード449
ソニアも調査のために来ていて、博士になったことを教えてくれました。
ソニアが出版した本ももらいました。
ホップはソニアが博士になったことを知らない感じでしたが、
その割にはソニアの本は並んで買ったらしいです。ソニアの本だから買ったのかな?

とりあえず、せっかくここに来たし、剣と盾を返そうということで、台座に収めました。
ポケットモンスター ソード450 ポケットモンスター ソード451
ホップはソニアに言われるまで朽ちた剣と盾のこと忘れてたみたいですけどね。

するとそこに謎の人物が突然現れました。
ポケットモンスター ソード452 ポケットモンスター ソード453
青い方がソッド、赤い方がシルディというらしいです。
シルディはまだいいとして、ソッドの髪型がかなりやばい。
ポケットモンスター ソード454 ポケットモンスター ソード455
勝負を仕掛けてきたので倒しました。
ネギガナイト、キリキザン、ニダンギル、グソクムシャ。いずれもLv.60でした。
何気にレベル高くてビビった。
ネギガナイトはサイトウ戦で若干トラウマになってるのでだいぶ警戒しました。
基本的にカチュアラスで対応、最後だけはカチュアラスがやられてしまったので、
モコトルフェで対応しました。
ホップは迷いと焦りで負けてしまったようです。
ポケットモンスター ソード456
ザシアンとザマゼンタの像を隠すように書かれていたあの壁画はこの人たちの先祖?のものらしい。
彼らはホップから朽ちた盾を奪い、いったん姿を消しました。
ポケットモンスター ソード457 ポケットモンスター ソード458
かれらが森に来たときに、なぜかソニアのパワースポット探しマシーンが反応していたので、
その反応を頼りに探そうということになりました。
それによるとターフジムから異常な反応があるとのこと。
早速行くことになりました。
ポケットモンスター ソード459
ネズさんととヤローさんの話だと、トレーナー不詳のポケモンがダイマックスして暴れているとのこと。
スタジアム内でレイドバトルとなりました。
ここのポケモンはアマージョで、アマージョ自体も力も制御できずに戸惑っていたらしいです。
ポケットモンスター ソード460 ポケットモンスター ソード461
唐突にあの二人が出現。
ネズのことを変な髪形というソッド。お前が言うなという感じですが、ネズさん冷静ですね。
ポケモンのダイマックスの原因は彼らで、
ねがいぼしのガラル粒子を無理矢理注入してダイマックスさせたとのこと。
かれらにはなにか理由があるみたいですね。
ポケットモンスター ソード462 ポケットモンスター ソード463
バウスタジアム、エンジンスタジアムでも同じようにレイド。
バウはギャラドス、エンジンはコータスでした。

ことを収めると、例の二人は研究所に押しかけ、ソニアを困らせているようでした。
研究所に向かうと、二人に勝負を挑まれました。
ポケットモンスター ソード465
ホップとの共闘です。レベルが高い分、そこそこ強かったです。
そしてその後、ソニアが信頼していた助手がスパイだったことが判明。
最初にソニアに会いに行ったとき、助手のことをわざわざ紹介するムービーが入ったので、
何かあるとは思っていましたが…。
その時は、助手だったソニアが助手を持ったかー、くらいに考えてました。
ポケットモンスター ソード466 ポケットモンスター ソード467ポケットモンスター ソード468 ポケットモンスター ソード469
あの二人が貴族っていうのは嘘じゃないみたいですね。
信頼していた相手に裏切られたソニアはショックを受けていたようですが、
後のことも考え、すぐに立ち直りました。
かれらが願い星を持って行ってしまったことで、ダイマックスして暴れるポケモンの数が多くなったようでした。
ポケットモンスター ソード470 ポケットモンスター ソード474
キルクスはギガイアス、ラテラルはローブシンでした。
ここから1人での相手だったのでちょっと大変でした。
ポケットモンスター ソード471 ポケットモンスター ソード472ポケットモンスター ソード473
アラベスクだけはビートが片付けていたので、代わりにビート戦でした。
彼の言う通り選択肢がイエスしか無くて笑った(笑
ビートの手持ちはクチートLv.61、サーナイトLv.61、ギャロップLv.61、ブリムオンLv.63でした。
ポケットモンスター ソード475
ナックルスタジアムは何となく最後にしました。
ここはオノノクスが暴れていました。
全てのジムで事を収めると、ソニアから電話がありナックルスタジアムに来てほしいとのこと。
ポケットモンスター ソード476 ポケットモンスター ソード477
こんなセリフ入るんですね。
最後にしたのがナックルかそれ以外かでネズさんのセリフがちょっと変わるのかな?

エネルギープラントのある方へ行ったということで、エレベーターで向かいました。
そこでの彼らの話によると、彼らは英雄の末裔といわれてたたえられていたけど、
今回の騒動でザシアンとザマゼンタが本当の英雄といわれ歴史が覆されたので、
それを偽りの歴史として憎んで事を起こしたようです。
ザシアンとザマゼンタが本当に英雄なら、ガラル粒子にも耐えられるはずだと、
そうでなければ偽りだと、それを証明するための実験としてダイマックスさせていたらしいです。
ここでまたまたソッドとバトル、レベルが若干上がった程度でポケモンは変わっていませんでした。
ソッドを倒してタワートップに向かうと、ガラル粒子を注入されたザマゼンタがいました。
ポケットモンスター ソード478
シルディは、力を制御しきれていないザマゼンタに破壊の限りを尽くさせようとしましたが、
その意に反してザマゼンタはシルディに向かってきました。
このまま本当に暴走したら大変だということで、ザマゼンタを倒して正気に戻すことにしました。
ポケットモンスター ソード479
Lv.70って高くない!?
強いなとは思いましたが、ザマゼンタは防御系のポケモンで攻撃力をあげてくることはないので、
防御の高いカチュアラスで攻撃を受け続け、ゴツメで削る作戦で行きました(せこい
ザマゼンタを倒して正気には戻ったものの、まだ力が制御しきれていないようで、
そのままこちらに向かってきました。
しかしそこにザシアンが現れて、こちらをかばいつつ何かを説得しているようでした。
力を抑えられないザマゼンタは姿をくらましてしまいました。
ザシアンに見下ろされて腰を抜かしたシルディ。
ポケットモンスター ソード481 ポケットモンスター ソード480
シルディは動けず、ホップはようやく盾を取り返しました。
ザシアンはどうするつもりだったか分かりませんが、
こちらの呼びかけに答えて手を出すことはしませんでした。
ホップはザマゼンタが心配ということで追っていきました。
一連の様子を見て恐怖を抱いたソッドとシルディは、
自分たちがいかに愚かなことをしていたかを思い知ったようでした。

ザシアンは主人公のことを穏やかな目で見て、こちらを待っているようでした。
ポケットモンスター ソード482
ザシアンと本気のバトルです。
ポケットモンスター ソード483 ポケットモンスター ソード484
本気のザシアンと戦って捕まえるために朽ちた剣を掲げると、ザシアンは武装した姿で対峙してきました。
ポケットモンスター ソード485
レベルはやはり70。
こちらは剣の舞でどんどん攻撃力が上がっていくので、ボールを投げている時間が採れるか心配でした。
いろんなポケモンである程度体力を削り、攻撃力アップ+かみくだく持ちだったので、
ダメ元でジェスチェルを出して電磁波をしてみたら、
気合耐えして電磁波入れてくれたのでかなり助かりました。
ジェスチェルよくやった…!その後も技が外れたり剣の舞連打でターンが妙に稼がれて、
ボールを投げる時間がちょっととれたものの入らず。
ジェスチェルが倒れ、ライエニーナのねこだまし&電光石火で赤ゲージをさらに削り、
剣の舞の無駄遣いによってターンが稼がれ、そこで投げたボールに捕獲クリティカルが発生し、
無事ザシアンをゲットすることができました。
ポケットモンスター ソード486
せっかくなのでゴージャスボールで。
性格はのんきでした。別にバトルで使う気はないので性格厳選はしません。
というかポケモンの性格は後でミントを使って変えられるらしいですね。変えないけど。

ザマゼンタを追って行ったホップから電話が。
ポケットモンスター ソード487
ザマゼンタをなだめるのが大変だから力を借りたい、来てほしいとのことでした。
まどろみの森にいるらしいです。

そうそう、ソッドとシルディと助手に扮したスパイは、自分たちの過ちを認め、
しかるべきところに行くことになりました。
ポケットモンスター ソード488
連れて行けという謎の上から目線でしたが。

まどろみの森に行くと、ホップとザマゼンタがいました。
ポケットモンスター ソード489
この図ちょっといいですね。
ホップは体を張ってザマゼンタをなだめていたようでした。ポケットモンスター ソード490
主人公たちが駆け付けたころは、ザマゼンタはホップのおかげで完全に正気を取り戻していました。
ザマゼンタはすっかりホップのことが気に入ったようで、
バトルなしでそのままホップのポケモンとなりました。
ポケットモンスター ソード492
アニメではありがちですが、ゲーム内で友情ゲットは珍しいですね。

そして今までの流れでいろいろ吹っ切れたホップは、
改めてこの場所でバトルをしてほしいといってきました。
ポケットモンスター ソード493
ここでホップとのバトル。レベルが急にみんな70近くまで上がっててびっくりしました…!
ポケットモンスター ソード494
こっちは62~64くらい、ホップは68~70。
メンバーは基本一緒ですが、ウッウが一時的に抜けてザマゼンタになってました。
まあ、その流れなら出てくるよね、ザマゼンタ。
ちゃんとした状態のザマゼンタと戦わせてくれるのはありがたいですね。
この時もカチュアラスがいればよかったのですが、控えのポケモンと交代していたせいでいなかったので、
ちょっと倒すのに時間がかかりました。モコトルフェのコットンガードで耐久上げて持久戦でした。
こっちも有効打がにどげりくらいしかない&薬を使われるという状態で、地味なバトルでした(ぁ
物理接触に対してはバイウールーはかなり頼りになりますね…!
バトル中のホップの話によると、
彼は兄がチャンピオンではなくなってから目標がなくなって、
何を目指せばいいのか分からなくなっていたそうです。
主人公やソニアは自分の道を決めて進んでいくから、
自分だけ置いて行かれるような気がして焦っていたようです。
今回のことでいろいろ吹っ切れて決心がついたらしいです。
ポケットモンスター ソード495 ポケットモンスター ソード496
スクショのタイミングが微妙で分かりづらいですが、ポケモンを助ける博士になりたいとのことでした。
ソニアは彼を助手として迎えたいとのことでした。
研究所なら資料は山ほどあるからポケモンのことは学び放題だからといっていましたが、
ソニア的には助手がいなくなって困ってるから来てほしい、というところが本音だったようです。
それを承知したうえでホップはソニアの元に行くことになったみたいです。
主人公はホップのことを応援することを約束しました。
これでクリア後の追加シナリオが終了しました。
一気に進めたので疲れました…。勢いがあるうちにやっといた方がいいかなと思ったんですよね。

これであとはやり込むだけですね。
シュートシティではトーナメントとバトルタワーが行われているようです。
トーナメントはジムリーダーとの再戦ができるのかな?
バトルタワーは名前からしてなんとなく察してはいましたが、ローズタワーに向かってみました。
ポケットモンスター ソード498 ポケットモンスター ソード499
ロゴまで変わってガッツリバトルタワーに改装されていました。
ダンデさんが運営してるみたいですね。
ここでBP稼いでバトル環境を整えていく感じですね。
ショップでわざマシンも売っていたけど、高すぎて買い占めは無理そうでした…。
そんなにお金には困ってなかったけど、急に困ることになってしまった(ぁ
ポケットモンスター ソード500
端にいる人がタイプ:ヌルをくれました。
図鑑みたら極秘の開発データが流出してガラルで量産されてるみたいな物騒なことが書いてありました。
それ大丈夫なのか…?

これでポケモンも一段落して、ようやく落ち着きました。
あとはバトルや育成などやり込んでいくだけですね。
当面は図鑑埋めつつBP稼ぎかなー。
後は細かいことを調べてこなしていく感じかな。
スポンサーサイト



トーナメント後半戦からムゲンダイナ捕獲まで

ソードプレイ記
05 /22 2020
お休みだったのでポケモンをがっつり進めました。
めちゃくちゃ画像が多いです。ページが重いかもしれない…。

トーナメント後半戦からムゲンダイナ捕獲までです。
ポケットモンスター ソード429
先にイメージ画像だけ載せておきます。

トーナメントはジムリーダーと再戦する後半戦。
ビートも含めて4戦なので、実質的に四天王の位置づけですね。
初戦の相手はルリナさんでした。
ポケットモンスター ソード362 
ルリナさんの手持ちは、
グソクムシャ・カマスジョー・アズマオウ・ペリッパー・カジリガメでした。
フォクスライのカスメトリアでステータスダウンを狙いに行ったものの、
であいがしらを受けて一発退場。
その後、ルリナさんの手持ちに物理が多かったことで、
バイウールーのモコトルフェが持ち前の防御力で頑張ってくれました。

ポケットモンスター ソード363
1回戦目の結果はこんな感じ。
初戦は相手はわからなかったのですが、2回戦目以降はこの表のおかげて相手が分かって助かりました。
どういう基準で戦うジムリーダーが選ばれてるんでしょうかね(ゲーム的な意味で)。

次の相手はサイトウさん。
ポケットモンスター ソード364
サイトウさんの手持ちは、
ルチャブル・タイレーツ・オトスパス・ネギガナイト・カイリキーでした。
相手は格闘でしたが、格闘は物理が多いということで、引き続きモコトルフェに頑張ってもらいました。
コットンガードで防御フルアップかつ接触技半減はかなり強いですね…!
キョダイマックスカイリキーのキョダイシンゲキを食らっても4分の1も減りませんでしたからね。
モコトルフェのおかげで突破。
ポケットモンスター ソード365
予想はついていましたが次の相手はキバナさんですね。
ポケットモンスター ソード366
さすがにここではシングルバトルのようです。
手持ちはコータス・フライゴン・バクガメス・ヌメルゴン・ジュラルドンでした。
唯一ドラゴンを持たないコータスの存在感がやばい。
ここではカスメトリアの捨て台詞などを活用して戦いました。
セキタンザンのコルスティム・アーマーガアのカチュアラス・
ブリムオンのジェスチェル・ジュラルドンのルドランジュなど、ほぼ総出で戦い瀕死も出ました。
最後はキョダイマックスジュラルドン同士で戦いました。
ダイナックルの抜群且つ攻撃アップがきつかったですが、
防御アップを狙って打ったダイスチルががっつり通って勝ちました。
等倍の物理ダイドラグーンよりも、いまひとつの特殊ダイスチルの方が圧倒的に威力が上でした。
さすが防御ガチガチ特防ペラペラのジュラルドン。

そんなわけで、チャンピオンに挑む権利を獲得しました。
ポケットモンスター ソード367 ポケットモンスター ソード368
ホップも応援に来てくれました。

さて、これからチャンピオン戦というところで、ローズさんが計画を実行したようです。
ポケットモンスター ソード369 ポケットモンスター ソード370ポケットモンスター ソード371 ポケットモンスター ソード372
各地のパワースポットからエネルギーが噴出している状態のようですね。
だいたいこういうのはチャンピオン戦前に起きることは予測できましたが、ローズさん急ぎすぎでは…。
ポケットモンスター ソード373
ローズの意図をくみ取れなかったダンデは自分に責任があると感じ、事が起きたナックルスタジアムへ、
主人公とホップはダンデを助けてブラックナイトを止めるべく、剣と盾のポケモンを探しに向かいました。

まどろみの森の入り口、主人公の家の前でソニアと母親に遭遇。
ポケットモンスター ソード374
ポケットモンスター ソード375 ポケットモンスター ソード376
ソニアはずっとまどろみの森で調査していたため、何が起きたか全く知らなかった模様。
そして母親はトーナメントのテレビ中継を見ていたのか、
ブラックナイトをローズが起こしたことを把握していました。
やりたいことをやりなさい、と、まどろみの森に向かう二人を応援してくれました。

森の中の橋で、2匹のポケモンに出会いました。
ポケットモンスター ソード377 ポケットモンスター ソード378
両方出てくるんですね。ソードとシールドでは立ち位置が逆になる感じかな。

後から来たソニアには見えていなかったようで、幻だったようです。
ポケットモンスター ソード379 ポケットモンスター ソード380ポケットモンスター ソード381
ここでようやく2匹の名前が出てきました。
外国の本を調べて知り、まどろみの森の向こうで生まれたということは、
ザシアンとザマゼンタはガラルのポケモンではなさそうですね。

2匹を折って橋を渡り進んでいくと、聖域のような場所が。
ポケットモンスター ソード382 ポケットモンスター ソード383
誰も足を踏み入れないような静かな場所で、人知れずひっそりと眠る朽ちた武器、いいですね…!
剣と盾を置く台座がありますが、あとでここで何かするのかな…?

ポケットモンスター ソード384
すごく今更ですが、ムービーとゲーム画面のクオリティが同じになったのすごいですよね。
ムービーの中にそのままキャラクターがいる感じがしますもの。
昔のポリゴン系ゲームはムービーはきれいだけどゲーム画面はかくかくポリゴンでしたからね。
ポケットモンスター ソード385
主人公は迷わずためらわずに朽ちた剣を入手。
ホップは残った盾を入手。
ナックルシティに向かいます。

ナックルシティではキバナさんが出迎えてくれました。
ポケットモンスター ソード386
ダンデを助けてくれと送り出してくれました。

スタジアムに入るとオリーブさんがいました。
ポケットモンスター ソード387 ポケットモンスター ソード388ポケットモンスター ソード389 ポケットモンスター ソード390
相当取り乱した様子で、主人公に助けてくれと頼んできました。
ここで突然ムゲンダイナの名前が。唐突だな…!

エレベーターを降りてローズのいるエネルギープラントへ。
ポケットモンスター ソード391
関係者以外立ち入り禁止の空気がものすごくしますね(ぁ

奥に進むとローズさんを確認。
ポケットモンスター ソード392
ここやばいところですよね…。

ローズさんを止めに来たものの、もうムゲンダイナは目覚めてしまったようです。
ポケットモンスター ソード393 ポケットモンスター ソード394
時々起こる揺れも、ナックルシティの赤い光の事件も、
ムゲンダイナを目覚めさせるための実験の一環で起きた事らしいです。
ダイマックスさせるために必要なねがいぼし、
それをガラル全土から大量に集めてムゲンダイナに与えていたようです。
そのムゲンダイナの無限の力を、ガラルのエネルギーとして利用してたみたいですね。
奥の壊れた球体、あの中に眠っていたムゲンダイナがいて、球体を壊して出て行ったのでしょうね…。

ローズを説得するべくバトル。
ポケットモンスター ソード395
ローズの手持ちは、シュバルゴ・ナットレイ・ギギギアル・ニャイキング・ダイオウドウでした。
見事な鋼統一。
ナットレイののろいガン積みからのジャイロボールやパワーウィップで大苦戦。
レベルも最高57と高く、かなり苦戦しました。
瀕死も数体出たはず…。
ポケットモンスター ソード397
バトルの後は、何かを悟ったような(あきらめにも似た)表情をして、素直に勝利をたたえてくれました。
ガラルの未来のためにできるだけ早くエネルギー問題を解決しようとした結果、
ムゲンダイナを目覚めさせたはいいが制御が効かずに暴走してしまったらしいです。
スタジアムのタワーのてっぺんで、ダンデがムゲンダイナと戦って捕まえようとしているらしいので、
急いでそこに向かうことになりました。
ポケットモンスター ソード399
もうなんかすごいのがいるの見えてるんですよねー…。

ダンデさんがチーム総出で何とかムゲンダイナを弱らせたところのようです。
ポケットモンスター ソード400
この後ダンデさんはボールを投げましたが、中に入らず爆発。
ポケットモンスター ソード401 ポケットモンスター ソード402
ボールは真っ二つに。
というかムゲンダイナのエネルギーを受けてもフタがちぎれるだけで済むモンスターボール強くない???
あと二人を守ってくれたリザードンめっちゃかっこいい。

そのままムゲンダイナはこちらに向かってきました。
ポケットモンスター ソード403
バトル開始です。レベルは60でした。
こちらの最高レベルが59だったので、ほとんど同じレベルでした。
ポケットモンスター ソード404
ダイマックス砲を打つ直前のスクショ。もっとかっこいいシーンを撮りたかった。
ムゲンダイナのタイプはよく知りませんでしたが、ドラゴンはつくとして、
ジェスチェルのサイコキネシスが抜群だったので、毒ドラゴンかなと思いながら戦いました。
後で確認したらあってたみたいですね。
ボール投げようとしたら投げられないと表示されてしまいました。
そういえばまだザシアンとザマゼンタのイベント始まってなかったわ(ぁ
ここで捕まえちゃったら出番がなくなっちゃう。
ダイマックス砲がドラゴンタイプだったようで、ジェスチェルには効果がなく、割と楽に倒せました。
ポケットモンスター ソード405
力なく倒れこむムゲンダイナ。
その直後、
ポケットモンスター ソード406
コアのエネルギーが暴走。
ポケットモンスター ソード407
エネルギーに振り回されるようにして高速で飛び上がった後、
ポケットモンスター ソード409 ポケットモンスター ソード410
空には黒い渦が。これがブラックナイトですね。
ムゲンダイナが自分の意思で飛び上がったというよりは、
本当にエネルギーに振り回されるように飛び上がっていたので、
ムゲンダイナ自身も力の制御が効かなくなって完全に暴走してる状態かなという印象でした。
後で図鑑をみると、ローズの仕業でガラル全土のエネルギーを取り込みオーバーロードした、と書いてあったので、
詰め込まれすぎた願い星のエネルギーがあふれ出て振り回されて苦しんでる状態な気がしてきました…。
オーバーロードは英語で過負荷という意味らしいですね。

ムゲンダイナはムゲンダイマックスをして超巨大な姿に。
ポケットモンスター ソード411 ポケットモンスター ソード412
ホップと一緒にレイドバトル形式での戦闘となりました。
シナリオでレイドバトルが出てくるのって実はここが初めてですよね。
なるほどここでレイドバトルか…!
ポケットモンスター ソード414
なんかすごいことになってますね…!
通常状態ではまだなんとなく生き物っぽい姿をしていましたが、
ムゲンダイマックスして生き物っぽさがどこかへ行ってしまいましたね…。
盾の方の図鑑も調べてみたのですが、2万年前に落ちてきた隕石の中にいたらしいですね。
別の星からやってきた生命体ってことになりますね。見た目もちょっとウルトラビースト感ある。

力をため込んだムゲンダイナの影響で、しばらくポケモンのわざが使えない状態になりました。
ポケットモンスター ソード413
ここでホップが剣と盾のことを思い出しました。
ポケットモンスター ソード415 ポケットモンスター ソード416
古くても何かあるかもということで、剣と盾を掲げてみることにしました。
すると、それに呼応して、ザシアンとザマゼンタが目覚めました。
ポケットモンスター ソード418 ポケットモンスター ソード419ポケットモンスター ソード420 ポケットモンスター ソード417
そして2人の前にやってきました。
持っていた剣と盾が浮き上がり、2匹に力を与えます。
ポケットモンスター ソード421 ポケットモンスター ソード422
ザシアンとザマゼンタ覚醒です。
ポケットモンスター ソード423
パッケージイラストだけでみると、なんとなくごちゃごちゃしたデザインだなと感じましたが、
こうやってゲーム内でみるとめっちゃかっこいいですね。
この2匹がレイドバトルに加入し、ホップのポケモン、主人公のポケモン、ザシアン、ザマゼンタの
4体のポケモンでのレイドバトルとなりました。
自分のお気に入りの6体の手持ちで戦いたい、伝説のポケモンとも戦いたいという
2つの欲を同時に満たしてくれる上に、
ライバルとの共闘、伝説の再現という熱い展開、これはすごくいいシステム&演出ですね…!
なにより、隣に伝説のポケモンが並んでくれていることの頼もしさがすごいです。
ザシアンの巨獣斬とザマゼンタの巨獣弾(漢字があってるのか分からないけど)もすごくかっこよかったです。
ムゲンダイナの火炎放射をザマゼンタが食らったときに4分の3くらい削れてちょっと心配になりました。
すごい勢いで体力減るからまさかの退場か!?と思っちゃいました…(苦笑
こちらのポケモンの攻撃は抜群でもあまりダメージが通らなかったのですが、
2匹の攻撃は結構ダメージが入ってました。さすが過去にもブラックナイトを退けた剣と盾ですね。
ムゲンダイナを何とか倒し、ボールを投げてゲットすることに。
ポケットモンスター ソード424 ポケットモンスター ソード425
相手が大きすぎて、ダイマックスボールでもすごく小さく見えました。
ボールがめっちゃ頑張って吸い込んでるのがちょっと面白かった(笑
せっかくなのでゴージャスボールに入れてあげました。
このボールの中でゆっくり休んでくれ。

戦いが終わった後、2匹は去っていきました。
ポケットモンスター ソード426 ポケットモンスター ソード427ポケットモンスター ソード428 ポケットモンスター ソード429
ブラックナイトは消え、朝日が昇ってきました。

その後…。
ポケットモンスター ソード430
ホテルのロビーで耳にした話では、ローズさんは自主をしたようです。
たぶん刑務所行きですね…。いろんな会社を持ってるけど、会社の社長もおろされてしまうのだろうか。
そして、ダンデは結局チャンピオンカップを続行することを決めたそうです。
なので、画像の通り事件から3日後に改めてダンデとの試合ということになりました。
次はそのバトルからです。
もうそろそろエンディングが見えそうですね。
そういえば、てっきりローズタワーのてっぺんでムゲンダイナと戦うんだと思ってましたが、違いましたね。
ジムリーダーたちの手持ちレベルが55前後、ローズさんの手持ちの最高レベルが57、
ダンデはそれよりもさらに高そうなので、60は越えてきそうな気がします。
ジムリーダーたちも弱点タイプ対策のわざを持たせてたりもしたので(カマスジョーのドリルライナーとか)、
かなりしっかり考えないと苦戦しそうな気がします。準備はしっかりやっておかないと…!
たぶん次のプレイでスタッフロールかなと思います。
本当は勢いで全部やりたかったのですが、今日はもう時間がないんですよね…!
間が空いても今日の流れを忘れないようにしないと…!

ファイナルトーナメント直前まで

ソードプレイ記
05 /20 2020
新記事です。
ポケモンはだいぶ進みました。
ポケットモンスター ソード325 ポケットモンスター ソード326
シュートスタジアムに到着です。
早速受付をして控室へ。
ポケットモンスター ソード327
すごく広い控室ですね…!この部屋に1人は寂しい(ぁ
メンバーや技などの見直しといった調整をしばらくした後、いよいよコートへ。
ポケットモンスター ソード328
セミファイナルトーナメント開始です。

セミファイナルトーナメントに勝ち上がったのは4人で、
主人公、ホップ、マリィと名もなき人でした。
主人公と残りの2人を戦わせる都合上、1人はどうしてもこういう扱いになっちゃうんでしょうね…。

初戦はマリィ。
ポケットモンスター ソード329
マリィの手持ちは5体。
レパルダス・ドクロッグ・モルペコ・ズルズキン・オーロンゲでした。
モルペコはあくまでマスコット枠で切り札はオーロンゲのようですね。
ゴリランダーのウドラムジカ、アーマーガアのカチュアラス、モスノウのマフュルーナで難なく突破しました。

次の相手はホップ。
ポケットモンスター ソード330
彼の手持ちも5体。
バイウールー・アーマーガア・カビゴン・バチンウニ・インテレオンでした。
こちらもゴリランダーのウドラムジカ、パルスワンのブリッツァー、ポットデスのキュスティーで難なく突破。
どちらの試合でも、直前にウドラムジカに覚えさせていたドレインパンチがかなり仕事しました。
12体まんべんなく使っていますが、それでもレベル上げすぎた感が否めません。
6体だけで進めてたらかなりレベル上がってそうだ。

試合が終わるとお出迎えが。
ポケットモンスター ソード331 ポケットモンスター ソード332
主人公がファイナルトーナメントに進出決定したので、ダンデが迎えに来た感じでした。
とりあえずおいしいもの食べつつ休もうってことでホテルに行くことになりました。
ポケットモンスター ソード333
しかし数時間待ってもダンデは来ず、さすがにおかしいというところで、ネズさんがやってきました。
ネズさんの話によると、ダンデがローズさんに呼び出されてローズタワーにおり、
ダンデから「約束の時間には迎えない」ということを伝えてほしいといわれたらしいです。
で、いろいろあってなんかおかしいよねってことで、
ネズさんとエール団の協力のもと、ローズタワーに乗り込むことになりました。
ポケットモンスター ソード334
なんかこのシーンだけ見るとすごく悪そうですよね(ぇ

結局マリィもついてくるようです。
ポケットモンスター ソード335
お疲れのようですけどね。

その様子を見ていたオリーヴさんが妨害しに来ました。
ポケットモンスター ソード336
ローズタワー行きのモノレールは特別なカギが必要で、それをオリーヴさんが独自のスタッフに持たせ、
そのスタッフが町のどこかに隠れるという、謎のかくれんぼイベントが始まりました。
何がどう違うのかよくわからなかったけど、ネズさん曰くサングラスが違うようでした。
見つけ出してはバトルするのを3回繰り返しました。
ポケットモンスター ソード337
ゲーム内ではわるいリーグスタッフと呼ばれていました。確かに悪そう。
鋼タイプばっかり使ってきました。

その後悪いリーグスタッフをモノレール駅に追い詰め、
ネズさんがそこで歌うことで人を集めて撹乱し、エール団がリーグスタッフからカギを奪い取り、
それにより主人公たちはモノレールに乗れるようになりました。
ポケットモンスター ソード338
ネズさんらしいけど突然何をやりだしたのかという感じでしばらく理解が追い付かなかったです(ぁ

というわけで、ローズタワーに到着。
ポケットモンスター ソード340
ポケットモンスター ソード339
画像を2枚縦に並べてみましたが割といい感じですね。でかいです。
ポケットモンスター ソード341 ポケットモンスター ソード342
エントランスだけでめちゃくちゃ広いですね。
そしてタワーのてっぺんがパワースポットらしいです。
ダイマックスができるだけじゃなくて、いかにも他に何かが起きそうな感じですね。

エレベーターでてっぺんを目指すべく、突入開始です。
ポケットモンスター ソード343
この企業ロゴかっこいいですね。

エレベーターとは思えないほど広い部屋。
ポケットモンスター ソード344 ポケットモンスター ソード345
そこで途中何度かバトルをしながら上を目指すようです。
床だけが直接動いてて、動いてる間は光の壁ができて安全を守ってるんだそうで。
マクロコスモスという会社がいろいろ動いてるっぽいのが見えてきました。
このタワー、地上100階建てで300mあるらしいです。東京タワーくらいですね。

てっぺんにはオリーヴさんがいました。
ポケットモンスター ソード346
いかにもな雰囲気。
ポケットモンスター ソード347
オリーヴさん激おこです。
今回割と躊躇なく顔芸させてきますね。
ポケットモンスター ソード348
ということでオリーヴさんとバトル開始。
オリーヴさんの手持ちは5体。
ユキメノコ・エンニュート・ミロカロス・アマージョとそれっぽいポケモンからのダストダス。
なんとなくオリーヴさんの闇を見た気がする。
ここでも大体弱点を突いてなんとかした気がします。あんまり覚えてない(ぇ
ポケットモンスター ソード349
なんだろう、この人もビートみたいにローズさんに匿われた感じの人なんだろうか。
見た目の割に言動がやや幼く聞こえるんですよね。

奥ではダンデとローズさんが話をしていました。
ポケットモンスター ソード350 ポケットモンスター ソード351
1000年先のエネルギー問題を考えて行動してるようです。
そのために翌日のファイナルトーナメントを中止にしようと考えていたそうで、
ダンデはそれに反対して、話はずっと平行線という感じだったようです。
ポケットモンスター ソード352
ダンデは翌日の試合はガラルに歴史に残るからよく見ていてほしいといっていましたが、
ダンデはガラルの歴史を作るのではなく未来を変えるつもりでの行動をするようです。
1000年先のエネルギー問題を解決したとして、今と同じ生活を人々がしてるとは到底思えませんけどね…。
ポケットモンスター ソード353 ポケットモンスター ソード354
翌日、結局ファイナルトーナメントは開催されることになりました。
ダンデによる開会式の後、控室へ。
ジムリーダーたちとのトーナメントバトルらしいです。再戦するのか…!
ポケットモンスター ソード355 ポケットモンスター ソード356
このための控室だったんですね。なるほど広いわけだ。

これからトーナメントが始まろうというときに、なんとビートが乱入。
ポケットモンスター ソード357 ポケットモンスター ソード358
バッチリフェアリーに染まってますね。

ダンデが乱入を認め、ビートとのバトル開始。
ポケットモンスター ソード359
しっかりばっちりフェアリータイプのジムリーダーとしてポプラさんの後継いでんじゃねーか!!
ビートの手持ちは、クチート・サーナイト・ギャロップ・ブリムオン。
オリーヴさんまでの手持ちが結構レベル上がってたので控えと全交換した結果、
わりとビートの手持ちがきつくて結構やりくり大変でした(ぁ
フォクスライのカスメトリアのすてゼリフで能力を下げつつ、
ほかのポケモンで何とかしていく方法で戦ってました。
ダイマックスはセキタンザンのコルスティムでして、キョダイマックスブリムオンを迎え撃ちました。
ダイロックで砂嵐を吹かせ、岩タイプであるセキタンザンの特防を上げる作戦で行きました。
ポケットモンスター ソード360 ポケットモンスター ソード361
なんとかビートに勝利。
ビート的には、主人公に勝てればリベンジできてよし、負けてもトレーナーを引退してポプラから逃げる、
というのを想定していたようですが、あまりにもバトルの内容が良かったことで、
観客から「引退したらまた復帰しろ」との声が多数上り、計画が台無しになったようです(ぁ
なんだかんだでポプラさんのところでうまくやっていきそうですけどね。


ということで、次からジムリーダーたちとトーナメントばとるをするところから始まります。
長くなった…!

仕事が暇だった

ソードプレイ記
05 /19 2020
今日は午後から出勤だったので、午前中はのんびりしました。

ポケモンをすこーしだけ進めました。
シュートシティに到着です。
ポケットモンスター ソード319 ポケットモンスター ソード318
かなり大きな町ですね…!
到着直前はこんな感じでした。
ポケットモンスター ソード317
雪の壁を越えた先に見える塔。
たぶんあそこが最終目的地になるんでしょうね。
町を探索したときにローズタワーという名前を聞いたので、たぶんそんな名前の塔なんだと思います。
ローズさんの塔か…。

ホテルの内装でちょっといいなと思ったこと。
ポケットモンスター ソード322 ポケットモンスター ソード323ポケットモンスター ソード321 ポケットモンスター ソード320
床の模様にロゼリアが使われ、
シャンデリア、フロントのオブジェ、壁の照明などがヒトツキ系のデザインになっていて、
こういう「その世界ならでは」のデザインがあるのがすごくいいなーと思います。

あと今更ですが水の表現がリアルですよね。
ポケットモンスター ソード324
この辺すごく普通の街並みっぽい。奥のスタジアム以外は実際にありそうな雰囲気。

ポケモンたちのニックネームがすべて決まったので、ここにメモを残しておきます。
ポケットモンスター ソード315 ポケットモンスター ソード316
◎1枚目の画像◎
●ゴリランダー♂/ウドラムジカ
→ウッド+ドラム+ムジカ(スペイン語などで「音楽」)

●アーマーガア♂/カチュアラス
→甲冑+カラス

●パルスワン♂/ブリッツァー
→ブリッツ(ドイツ語で「稲光」)

●ブリムオン♀/ジェスチェル
→ジェスチャー(英語で「身振り手振り」)

●ポットデス/キュスティー
→急須+ティー(英語で「茶」)

●モスノウ♀/マフュルーナ
→真冬+ルナ(ラテン語で「月」)

◎2枚目の画像◎
●バイウールー♀/モコトルフェ
→モコモコ+フェルト

●フォクスライ♀/カスメトリア
→掠め取る(かすめとる)

●ライチュウ♀/ライエニーナ
→ライチュウによくつける「ライエン」を女の子風にした

●セキタンザン♀/コルスティム
→コール(英語で「石炭」)+スティーム(英語で「蒸気」)

●ジュラルドン♀/ルドランジュ
→ジュラルドンのアナグラム

●タイレーツ/ジンクェイツ
→陣形

です。この画像作ってるときに炎と格闘が刺さりまくりなことに気付きました(ぇ

町の探索しただけで結構疲れたので、シュートシティについただけでした。
次はスタジアムに向かいます。


ポケモンの後は少しだけマイクラをしました。
動物小屋を作り、木材集めをしていたのですが、木材集めに飽きてしまいやめたという感じです。


仕事の方は暇でした(ぇ
人数が多かったというのもあるんですけどね。
出勤してからはベーコンポテトパイやシナモンアップルパイを揚げつつ、ゴマ付けやパン粉付けをしました。
そしてオールドファッションにチョコを付けたりもしました。
いろいろやってるうちに13時になりレジに出る時間になりました。
スライスをしたり、デニッシュ食パンのカットをしたり、生食パンの陳列をしたりといろいろやったのですが、
早いうちに作業が終わってしまい、計りものをはじめました。
そしてそれをある程度作ったところでキリがついてしまい、早上がりになりました。
いろいろやりたいことはあったので助かりました。


2番のトマトの双葉の片方が取れました。
2020_05_19_170750.jpg
なんとなくですが歯が抜けた時のことを思い出しました(ぇ
1番と2番の葉っぱの黒い点は相変わらずですが、新芽の方に影響がなければとりあえずは大丈夫かな…!

ナックルジムから10番道路まで

ソードプレイ記
04 /28 2020
新記事です。
ポケモンはナックルジム挑戦からでした。
さっさとやってしまおうということで、軽く準備したらすぐにジムに向かいました。
ポケットモンスター ソード304
シンボルマークかっこいいですね。
ここでのジムチャレンジは、シンプルにバトルだけでした。
宝物庫で3人のジムトレーナーとダブルバトルをするというものでした。
ジムトレーナーはそれぞれ、あめふらし・ひでり・ゆきふらしの特性を持つポケモンを出してきました。
天気+ダブルバトルのジムだったみたいです。
ジムのロビーで、「自分は鋼使いだから砂嵐は平気だったけどキバナさんには勝てなかった」
といっている人もいたし、ジムトレーナー戦ではすなおこしのポケモンは出てこなかったので、
うすうすキバナさんが砂嵐系のバトルをしてくるんだろうなとは思っていました。
ゆきふらしのトレーナーが出してきたのがユキノオーとジャランゴだったのですが、
ジャランゴがあられのダメージを受けていなかったのでなんでだろうと思って調べてみたら、
夢特性が防塵だったみたいですね。シナリオで夢特性を使ってくることもあるのか…。

無事トレーナーを倒してジム戦開始。
ポケットモンスター ソード310ポケットモンスター ソード306
砂嵐の中ダブルバトルということで、かなり慣れないことをさせられた感じでした。
キバナさんがドラゴン使いということで、
モスノウのマフュルーナとブリムオンのジェスチェルを連れて行ったのですが、
完全に予測ミスでしたね…。
キバナさんのダイマックスがキョダイマックスになることを考えると、
ドラゴンタイプでとなるとジュラルドンしかいないし、
対面させる意味でも砂嵐対策の意味でもジュラルドンを連れて行けばよかったなぁと。
ギガイアスはすなおこしでした。
すなおこしってカバルドンのイメージしかなかったからちょっと意外。
アーマーガアのカチュアラスが、鋼タイプと高い防御力で結構いい仕事してました。
ポットデスのキュスティーはギガイアスのロックブラストで残念ながらダウン。
フライゴンはかみなりパンチやかみくだくで抜群をとってきました。
ギガイアスはステルスロックを撒いてきたりと、なかなか厳しいバトルでした。
キュスティーの後にはゴリランダーのウドラムジカを繰り出し、
とりあえず先にフライゴンを倒し、後に出てきたサダイジャもウドラムジカで何とかしました。
その後、ジュラルドンが出てきたタイミングでウドラムジカをダイマックスさせ、
ジュラルドンもキョダイマックス。
ウドラムジカのダイアースでジュラルドンを攻撃しつつ、
ギガイアスはカチュアラスの鋼の翼で処理という感じでした。
ポケットモンスター ソード311
なんとかキバナさんを撃破です。
これでジムバッジがすべて集まりました。
ポケットモンスター ソード309
ジムバッジって全部集まると裏側がメダルみたいになるんですね。
これはオリンピックが延期になっちゃったのすごく惜しいな…。

外に出ると、マグノリア博士とソニアがいました。
ポケットモンスター ソード307
ポケットモンスター ソード308
マグノリア博士は、今起きているガラルの謎を解いてほしいと、
ソニアに白衣とともに希望を託していたようでした。

このあと主人公はトーナメントに参加するため、シュートシティに向かうことになりました。
そうか、まだトーナメントがあるんだ…!
トーナメントがこれまででいうところの四天王みたいな位置付けかな?
ポケットモンスター ソード312
ナックルシティの駅から電車に乗っていくことになりました。
キバナさんから応援をもらいました。

久しぶりの電車の車内。
ポケットモンスター ソード313
ホップと一緒にシュートシティ(に向かうための10番道路)に向かうことになりました。
相変わらず車窓は見ることなくスマホで調べ物。

10番道路に到着。
ポケットモンスター ソード314
かなり険しい道になりそうですね。
チャンピオンロードみたいな位置付けに見えますね。
途中まで進んだのですが、せっかくすべてのポケモンが捕まえられるようになったし、
自転車が水陸両用になってからまだワイルドエリアの水辺に行っていなかったし、
ワイルドエリアでいろいろ捕まえることにしました。
レベル60のオノノクスのギガインパクトをジェスチェルがギリギリ耐えたのが
一番印象に残った出来事でした(ぇ

もうしばらくワイルドエリアを探索したら先に進もうかと思います。